トップイメージ

車を所有している人ならば分かっていると思いますが自動車税なるものが課税されます。

それでこれは愛車の売却の際に一般に返還されるものなのです。

これって実際、実行してみたら理解できますがそれでははじめから順に紹介することにしましょう。

一応説明をするとすれば、国内で作られているクルマだけでなくアメ車などでも自動車税が還ってくる対象に決まってます。

所有車などもそうですね。

自動車税という税金はクルマの所有者が支払い義務を負うものでこれは自動車の排気量毎に定められています。

1リッター以下ならば29500円となり、1リッターから1.5リッター以下までが34500円になります。

これ以上は500ccごとに5000円が乗ってきます。

この税金は4月1日の時点のオーナーが、以後一年分の全額を納付するように定められています。

ということは前払いになるということですので、クルマを売ってしまって、所有権を失った場合は先に払った分の税金は返還されるということです。

この税というのは先払いで今年度の税金を支払いますから、その翌年3月までの間に愛車を売ったときは、入れ替わった保有者が税金を納めなければいけないということです。

売却相手が買取専門業者でしたら売却時に所有者が払いすぎた税金を返してくれます。

まとめると、所有権が移転された日より後の税額は権利が移った所有権を持った人が納付義務を負います。

もしも10月の間に愛車を引き取ってもらったケースでは、11月から次の年の3月いっぱいまでの払った税金は戻ってくるのです。

というのも前も述べた通り自動車税という税金は前払いであるという事実からもわかります。

まとめるとあなたは買取先に払いすぎたお金を返還してもらうということなのです。

業者を介さずに自動車を売買する場合、何気にこうした事実に気付かない人が見受けられるためぜひ確認をとるようにしなければなりません。

自動車税という税金は自動車を手放すと返金されるという事実をあまり知らない人が多いからと言って、その事実を悪用する業者もあります。

こちらから自動車税に関して話を切り出さなければ全く税金のことについて言わないという場面もたびたび見られます。

ですから車の買い取りを頼む際には、自動車税が返還されるかどうかの確認をおろそかにしないようにしなければなりません。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.illmino.com All Rights Reserved.