トップイメージ

外国為替証拠金取引(FX)の投資の的は世界各地の公式貨幣です。仕事 辞めたい アフィリエイト

貨幣についての事を学んでいこうと思います。

・流通通貨には「基軸通貨」という名で称される通貨が存在します。

基軸通貨の意味ですが各国間での決済について金融機関の取引きで主体として使われる貨幣のことを指し、現段階では米ドルの事をいいます。

当時はスターリング・ポンドが基軸になる通貨だったのですが第二次世界大戦が終わった後は$(アメリカドル)ドル(アメリカドル)なるに至ります。

・FXを使って流通可能な流通通貨の種類は他で言う外貨投資に比べてみた時まことに多いのが特徴でしょう。

FX会社間により、扱う公式通貨の種類は変わっていますが、一般的にはおおよそ20種類あるようです。

その種類の中でも流動する性質が高い数値の公式貨幣を、メジャー通貨と呼びます。

動きが大きいというのはやり取りがたくさん実行されているという事であり、貨幣の売買が気軽なのです。

広く支持された通貨には上記にてお話した基軸通貨のアメリカドルに、¥(日本円)¥(円)、ユーロ(?)3種がございまして、世界三大通貨と言われております。

豪ドル、カナダドルなどが準メジャー通貨と言われています。

世界三大通貨と準メジャー通貨以外の流動性が小さい通貨についてはマイナー通貨と呼ばれ国の力や経済における力が乏しい国の公式貨幣で、南アフリカランドやポーランドズロチ、トルコリラなどが主要な通貨は、売買しておる規模が膨大ですという事もあって値の高安が堅調で情報量も多いようです。

マイナー通貨は利子の面で高額なことが多く値の激動が大きいらしいです。

価格の起伏がかなりあるいう事について、多大な利潤を得するタイミングが存在しますが好ましくない結果の可能性も大きいです。

また変動性が小さい公式通貨というのもあり事ですので決済したいときに不可能なかもしれない事があるとの事です。

何の通貨を厳選するのかはケースバイケースの貨幣の性状を注意深く調べてから実践する事は必須であると考えます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.illmino.com All Rights Reserved.