トップイメージ
今日は為替の市場についての根本的要因に携わる話題です。為替市場は「直接持ち金の送金しない場合でも資金授受の目標を為すやり取り」なのです。一般的に為替取引というとほとんど外国為替について言い表す人がほとんどです。外為といえば二つの国の通貨の換金をする事です。外国へ旅行(ベトナム、米国)をしたならば、絶対に外国為替のやり取りの経験があると思います。銀行窓口に行って旅行先の国のマネーへ取り替えをしたならばそれがまさに外国の為替になります。為替市場とは何かと言うと買いたいと思う人と売りたいと思う人の金額を意味したものです。銀行と銀行の間での取引によって決まってくるものです。その銀行がマーケットメイカーと言われる世界のいくつもの銀行です。為替のレートはいろいろな働きを受けつつもなお引き続いてみるみる変化して行きます。為替レートを動かす原因はファンダメンタルズがあります。ファンダメンタルズとは何かと言うと、経済動向、経済の基本とか要因のことを表します。各国の経済の上昇や物価の指数、貿易収支、失業率、重要人物の発言と言う要因が影響し合って為替のレートは変わり続けます。中でも経常収支と失業者の割合は重要と思われます。貿易収支とは何か日本でいうと財務省の用命で日本銀行が通関統計をベースとして取りまとめた外国との一定期間の経済取引を残したものです。国際収支は行政機関や中央銀行のHP等で見ることができます。就労者の統計・失業者の数も影響するケースが多い一因と言われます。特に米国の就職者の統計は影響します。月一で公示されリサーチの範囲が幅広いことがポイントです。為替のレートの変動は景気の変化そのものです。景気の動きを知ることによって為替レートの推移の見極めが可能になると言えるでしょう。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.illmino.com All Rights Reserved.